JPN |  ENG

BULL

BULL CONTENTS

BULLが教えます!バンパープレートって何?

2019/06/10

 

 

皆さんはバンパープレートってご存知ですか?

 

バンパープレートとはウェイトリフティング競技用に作られたプレートで上からバーベルをドロップすることを想定された高い耐久性を備えたプレートです。

 

今回はこのバンパープレートの構造や特徴、おすすめの使用法などをご説明していきます。

 

 

1.分厚いラバーを使用した構造

 

バンパープレートの構造をBULLのラバープレートと比較しながら説明していきます。

上の写真の右のラバープレートは金属で出来たプレートを薄いラバーでコーティングしているのに対し、左のバンパープレートの金属部分は中心のシルバー部分のみで赤く見えている部分はすべてラバーで出来ています。

この分厚いラバーを使用した構造がバンパープレートの強い耐久性を実現しているのです。

 

 

 

2.プレートの外径が統一されている

 

ウェイトリフティング競技仕様を前提に設計されておりますので、

プレートの重量の違いによりスタートポジションの高さに差異が出ないよう、プレートの直径は10~25kgまで統一されています。

上に写真を見ていただければわかるか思いますが、直径を統一している分、重量によってプレートの厚みが異なります。

 

 

 

3.リフティングトレーニング使用に

 

BULLのバンパープレートはIWF(国際ウェイトリフティング連盟)規格仕様で作られており、競技使用も当然問題ございませんが、近年、スポーツのパフォーマンス向上にクイックリフトなどのリフティングトレーニングを取り入れるスポーツチームや学校もとても増えてきております。

もちろんこういったリフティングトレーニングにもバンパープレートが必須のアイテムとなります。

またバンパープレートでリフティングトレーニングする際は必ずプラットフォームも使用しましょう。

 

 

今回はバンパープレートについての構造や特徴、用途などを簡単に説明させていただきました。

皆様もそれぞれのトレーニング機器の特徴や用途を正しく理解し、トレーニングの質を向上させてみてください。

 

 

■BULLバンパープレートはこちら

■BULLラバープレートはこちら

■BULL製品に関するお問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする

一覧に戻る